Open Lecture?
 
 
沖縄市
 
 

目 次

概要

 沖縄県で那覇市に次いで2番目に人口が多い市で、沖縄都市圏を構成する中心都市である。また鉄道のない市としては、日本一人口の多い市でもある。

嘉手納基地などの米軍基地を多く抱える事情などから、国際色が豊かであり、独自の文化を持つ沖縄県の中でも特に独特の雰囲気を持つ。また、芸能も盛んであり、多くの音楽家を生み出した都市でもある。コザ地区と美里地区の2地区に区分する時もある(旧コザ市と旧美里村)。栃木市・山梨市と同様に都道府県名と同一名の市でありながら県庁所在地ではない。


地理

 沖縄本島中部、那覇市の北東約20kmに位置し、太平洋に面している。 市の商業の中心は国道330号沿いの胡屋十字路からコザ十字路にかけてである。特に、胡屋十字路から嘉手納基地ゲートにかけてのコザゲート通り(旧称 : 空港通り)や中央パークアベニュー(旧称 : センター通り)は米軍人が多く訪れるため、看板に日本語と英語を併記する店が多い。ただ、近年北谷町美浜地区やうるま市(旧具志川市)に大型商業施設建設が相次ぎ、商業の衰退を余儀なくされている。 市の南東部、泡瀬地区には1987年に海邦国体の主会場となった沖縄県総合運動公園がある。また、南西部の沖縄市営運動公園およびコザしんきんスタジアムは、広島東洋カープの春季キャンプ地となっている。 市東部では中城湾埋め立てによる開発計画が進められているが、泡瀬干潟への影響が大きいとして反対運動も起こっている。 市の北部、嘉手納町や恩納村との市町村境地域を嘉手納飛行場と嘉手納弾薬庫が占める。

歴史

・1666年 越来(ごえく)間切から美里(みさと)間切が分立する。

・1908年(明治41年) 沖縄県及島嶼町村制の施行により越来村と美里村が誕生する。

・太平洋戦争後、米軍政府が収容所を拠点に地域の整備を図り、越来村地域に古謝市(胡差市)が誕生。美里村は前原市に吸収される。

・1946年(昭和21年) 行政改革により越来村、美里村が再び誕生。 米軍が越来村の胡屋地区をKOZAと呼び、一般の人々もコザと呼ぶようになる(諸説あり)。

・1956年(昭和31年)6月13日 コザを村名にしようという要望が多く、越来村からコザ村へ名称を変更。

・同年7月1日 コザ村が市制を施行しコザ市誕生。

・1970年(昭和45年)12月20日 アメリカ軍政に対する市民の不満が爆発。コザ暴動。 コザ市と美里村の間で合併協議会が発足。新市名を対等合併の観点から「中頭市」「コザ市」「沖縄市」の候補から、“沖縄の中心都市に”との願いから「沖縄市」に決定。だが県庁所在地である那覇市から反発を受ける。

・1974年(昭和49年)4月1日 コザ市と美里村が合併して沖縄市誕生。

・合併によってコザ市が消滅して40年近く経つ今尚、沖縄市の旧コザ市域はコザの愛称で親しまれている。「美里」と「越来」は市内の町名として隣接して残っており、美来工科高校の名称の由来となっている

姉妹都市

・豊中市(大阪府)  1974年11月3日兄弟都市提携

・米沢市(山形県)  1994年4月1日姉妹都市提携

・東海市(愛知県)  2008年11月7日災害時相互応援協定を締結

有名人

いっこく堂 - 腹話術師

糸数敬作 - プロ野球選手・北海道日本ハムファイターズ

ISSA (DA PUMP)

上与那原寛和 - 車いすレース選手

内間安路 - サッカー選手

ORANGE RANGE

嘉手苅林昌 - 民謡歌手・故人

岸本セシル - ファッションモデル

喜納昌吉

呉屋貴教 - プロバスケットボール選手(bjリーグ・東京アパッチ所属)

里中茶美 - ISSA の姉

平良夏芽

澤岻直人 - プロバスケットボール選手(bjリーグ・京都ハンナリーズ所属)

澤岻安史 - プロバスケットボール選手(bjリーグ・琉球ゴールデンキングス所属)

仲村颯悟 - 映画監督(沖縄県立球陽高校在学中)

西田陽子 - 元バスケットボール選手・現 三菱電機コアラーズ アシスタントコーチ

羽賀研二

東峰夫 - 直木賞作家

満島ひかり

満島真之介

惠隆之介 - 作家、評論家

与座嘉秋 - 元ホーム・チーム(お笑いコンビ)のボケ担当

与那嶺翼 - プロバスケットボール選手(bjリーグ・琉球ゴールデンキングス所属)

Lievas - 出身校はコザ高校


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-06-18 (木) 11:04:45 (1044d)